在宅訪問診療は、ご病状により通院が困難な方が、お住まいのご自宅や施設で生活しながら受けることのできる医療です。ご自身やご家族の希望をうかがいながら、治療計画をたて診療します。
富山県立中央病院救命救急センターや地域中核病院での勤務経験のある医師が24時間365日サポートいたしますので、安心してお任せください。

※在宅訪問診療がうけられるのは基本的に当院から16km圏内にお住まいの方です。

当院の在宅訪問診療

定期診療

医師が、2週間に1回定期訪問

定期的に診察し、ご病状の変化の把握やおくすりの調整・処方を行います。

定期診療について

往診

24時間365日体制

上記の定期診療に加え、急変時は、いつでもご連絡下さい。
ご病状に合わせて、毎日何回でも医師・看護師の訪問が可能です。

往診について

緊急搬送

医師が手配から同乗も致します

入院治療が必要と判断された場合、医療機関等への連絡、緊急車両への
同乗、搬送先での継続診療もアシスト致します。
もちろん病状が安定し、退院した後は引き続き当院で治療を
ご継続いただけます。

緊急搬送について

地域との連携

チームで連携をとって安心サポート
地域との連携について

在宅医療を始めても総合病院等にかかれないわけではありあせん。

在宅訪問診療を受けられる地域

訪問診療できる範囲は、やまだホームケアクリニックから半径16km圏内と定められています。

圏外の患者様はお問い合わせください。

訪問診療対象地域

ご利用方法

在宅訪問診療の対象者はご病状のため外来通院が困難な方で、当院から16km圏内に
お住まいの方です。

ご利用可能な対象者例
  • 要介護認定を受けていてかかりつけ医を探している方
  • 認知症により一人で通院することが難しい方
  • ご病状により外来通院やおくすりを取りに行くことが難しい方(末期がん・神経難病など)
  • 退院後、ご自宅又は施設での療養をご希望される方
  • ご自宅または、施設にて医療処置の必要な方
  • 終末期医療をご自宅で希望される方

ご利用方法(例)

ご利用方法は現在の状態によって異なりますので、下記A〜Dの内容を参考に
お申し込みください。

入院中から在宅医療への切り替え例
通院中から在宅医療への切り替え例
訪問診療を希望される方の例
当院外来からの切り替え例

当院への紹介を希望される方は、現在通院されている病院や、かかりつけの医師にご相談ください。
A〜D以外の方はお気軽にご相談ください。

基本的な費用について

在宅医療の対象者は主に外来通院が困難な方です。
国が定めた診療報酬に基づいて診察料を算定させていただいております。

基本的な費用
毎月4千円〜7千円程の自己負担(1割負担の場合)
※2週間に1回の訪問診療及び24時間緊急対応
診察料の加算が発生致しますが、自己負担1割の方の場合で月に14,000円が上限です。
※病名や所得により上限金額に段階がございますので、まずはお気軽にご相談下さい。
入院の場合、自己負担の上限は57,600円ですが、在宅の場合は外来診療のため
14,000円が上限となり、必要となる医療費は少なくなります。

料金例

Aさん / 80歳 の場合

訪問診療を受けるAさんの場合
  • 医療費1割負担
  • 訪問診療 月に2回
自己負担額
7,0009,000

もし調子が悪くなり往診を受けても、高額医療で自己負担額は
「上限14,000円/月」です。

Bさん / 80歳 の場合

在宅酸素療法を受けるBさんの場合
  • 医療費1割負担
  • 訪問診療 月に2回
  • 在宅酸素療法
  • 訪問看護 週4回
自己負担額 高額医療で
上限 14,000

※3割負担の方は、57,600円/月
※訪問看護が医療保険の対象になるかどうかについてはお問い合わせください。
※高額医療費は償還払いになります。